フィギュアスケート関連記事は以下のサイトに投稿しています。

動画宮殿F動画宮殿からフィギュアスケートだけを抜き出した新サイト「動画宮殿F」です。

競技会情報、競技会速報、競技会実況、動画、コラム、雑記、ニュース、妄想、空想、願望、欲望からフィギュアスケートに関係のない「Fではないシリーズ」と盛りだくさん。

http://figure.videopalace.net/

動画宮殿Fもよろしくどうぞ。

動画宮殿Fの最新記事
Powered by RSSリスティング
新着記事20件

2008年08月26日

【動画】井上怜奈 アフラックのCM

ジョン・ボールドウィン選手とペアを組むフィギュアスケーター井上怜奈選手のCMです。保険会社のアフラックのやつですね。

父を癌で亡くし、自分も癌に冒された井上怜奈選手ゆえに、アフラックのCM。

保険会社に限らず、営利団体ってのは、こういうお涙頂戴な話を上手く利用するの、うまいですねぇ。などと、ひねくれた見方をしちゃうのですが、そういえば、井上怜奈選手は、恵まれた環境で競技生活を送ってきたわけではなく、ある意味どん底から這い上がってきたアスリートだったなと思うと、「マ、いっか」となるから不思議だ。

父が私の「ファン第1号」かぁ・・・

■井上怜奈 アフラックのCM

■他の動画をランキングで探す

アフラックの公式サイトにも、同じCM動画、そして「生きる」ストーリーというコンテンツに井上怜奈選手のストーリーがあります。

Q&A方式な文章で、これまた「ホントにこんなやりとりしたのかよ!」とひねくれた見方をしちゃうのですが、CMやハンデを負った人のストーリーなので、主題はあくまで「興味を惹き、不安要素のある人を保険に加入させる」ためのもの、ってのもわかって見るのですが、それでも、それでも、興味は惹かれるわけで(笑)

美談ってのに、裏がなかったためしはない。

慈善団体じゃないんで、加入者の支払う保険料で飯を食っている営利団体なわけで、世の中を斜めに見過ぎな私は「このCMなりコンテンツ作るのにも、視聴者らにどのようなインパクト与えるのか一生懸命計算して作ったんだろうな」などと野暮なことを考えたり。

井上怜奈選手に生い立ちを聞き、それを再構成し、おいしいとこだけピックアップしたと思います。

ヒアリングした時点でQ&A方式にしても嘘にはならないからですね。

なんだよ!ネガティブなコメントばかりじゃないかよ!ってな話なんですが、保険会社のCMに「感動しました」って私が書いても嘘くさいでしょ(笑)

人は自分より弱いものを見て満足感を得る残酷な生き物で、自分より環境のいいものに対し、悲惨なことになれと願う冷たい生き物でもあります。

妬みや嫉みを当たり前に持ち、そういう気持ちを隠し、笑顔と晴れやかな言葉で人を褒めたりする、いやらしく汚い生き物でもあります。

それでも、そういう思慮さえ忘れ、一瞬の歓喜に体を震わせる生き物でもあって、どちらが本物でどちらが偽物というのはなく、その二律背反を持っているのが人なわけで、作られた虚像に「はいはい」と冷たい目をしながら見る自分がいながら、人の一生懸命な姿に魂を揺さぶられる自分もいる。

人間って、面倒くさいですね(笑)

アフラック公式サイトの「生きる」ストーリーというコンテンツにある井上怜奈選手の話を読んでいて、そういう二律背反がしょっちゅう表に出ていたのですが、読み終えると、それが虚像で作り物だったとしても、リンクでジョンと演技する彼女の姿が脳裏に浮かび、感動する方が勝ってしまう。

「好きな人に騙されるって素敵なことじゃない」とは、古い古いドラマ『雑居時代』で大原麗子演じるヒロインがクライマックスで呟く名言ですが、それを思い出しました。

って、私はリアルで見たことはないドラマなんですけど(笑)

主役は石立鉄男。わ〜かめすきすき!

そんなこんなですが、レジ打ちやりながらサッカーを続けている「なでしこジャパン」の選手たちやオリンピックという夢のためにひたすら練習に打ち込んで結果を出した途端、夢が無くなったソフトボールの選手たちのように、井上怜奈選手の、荒川静香選手や浅田真央選手や安藤美姫選手のような煌びやかさや輝きはないけれど、一生懸命な姿に、静かに感動するわけです。

■アフラック 「生きる」ストーリー
Flashなので井上怜奈選手ページに直リンクできません。すぐわかりますので、井上怜奈選手の画像なり名前をクリック。

いつもテレビやニュースで取り上げられるメジャーな選手だけではなく(でも、それ以外に動きのある情報って得られにくいので仕方ないですが)、こういう選手のアナザーストーリーに接するのも悪くはないですね。

例えそれが、どのように作られていたとしても。

なぜなら、氷上の井上怜奈選手の姿を見ているから。

リンクしたコンテンツの最後にこうあります。

「最後に、アメリカ、そして日本への想いを聞かせて下さい」と。

こう井上怜奈選手は語っています。

アメリカは私をタフにしてくれた。
親に大事にされて日本に住んでいたら、
私はここまで強くなれなかったと思います。
私が親離れして、成長する機会をくれました。
日本のよさっていっぱいあるけど、
時々外に出てみないとわからないこともある。
相手の気持ちを尊重するのが、
日本のよさのひとつだと思います。
自分だけがよければというのではなく、
みんなでいい生活ができるようにと考えるところ。
最近そのへんが薄れてきているのかなとも思いますが、
私は日本に生まれ、日本の家族で育って、
日本の教育を受けてきたことに誇りを持っています。
日本にいる人にもそう思ってほしいと願っています。

素敵な言葉です。

本当だろうが偽物であろうが、素敵なことだと思います。

結局、健康がいちばん!です。はい。

■フィギュアスケート動画の記事

■この動画のカテゴリ(選手及び大会含むフィギュアスケート動画)
【動画】フィギュアスケート動画
(フィギュアスケート動画の更新履歴はトップページにあります)

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
この記事へのコメント
とても魅力的な記事でした。
また遊びにきます。
ありがとうございます。
Posted by あろえ at 2010年09月19日 19:28
コメントを書く
【注意1】
seesaaブログの仕様で「書き込む」ボタンを押して自分の書き込んだコメントを確認しようとしても表示されていないことがあります。でも、コメントは書き込まれています。あ!コメントが反映されていない!と慌てなくても大丈夫です(笑) 慌てて再度コメントを書き込むと二重投稿になったりします。その際は、その旨コメントください。私の方で重複しているコメントを削除いたします。
【注意2】
コメントスパムが多いので、文字認証を設定しました。スパムが手作業なら無意味なので外しますけど(笑) スパムが落ち着いたら外します。ライブドアからなんだよなぁ。スパム。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/105765721
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

新着記事20件

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。